交通事故の弁護士関連情報

HOME後遺障害等級と交通事故後遺症について

最終更新日:2017/11/20

後遺障害等級と交通事故後遺症について

二人の男性

交通事故にあってしまった時に、保険会社から一体いくらのお金が支払われるのか気になる方もいるかと思います。
保険金は交通事故が起こってから、対象者がどの程度の怪我を負ったかによって支払額が変わってきます。
これは、通常保険会社や弁護士を交えた示談交渉の過程で決まってきます。
どの程度もらえるのかは、過失割合によっても異なり、例えば相手が信号無視をして衝突してきた場合は、自分の過失割合は下がってきます。
事故による怪我が完治するものなら、示談交渉に集中すればいいのですが、なかには後遺症が残ることもあります。
後遺症には細かいランク分けがなされており、もちろん後遺症の度合いが重ければ重いほど、保険金の額も上がってきます。
これは後遺障害等級と呼ばれています。
後遺障害等級は、介護を要する後遺症と要しない後遺症の二つに分類されています。
要介護の後遺症は一級と二級があり、一級だと精神的あるいは肉体的な要因で自力での生活が著しく困難な状況に置かれた人が受けられます。
一級の場合、保険金はだいたい四千万円となっています。
一方、介護を要しない後遺症ですが、こちらは十四のランクに分かれています。
一番下の十四級では大きな傷跡が残った、あるいは指の関節が曲げにくくなったなどが該当し、保険金の額も七十万円代となります。
ここから等級が上がっていくにつれて、後遺症の程度も重くなり、中間に当たる七級では顔の形が変わってしまったとか、片方の聴力をうしなってしまったといったレベルになり、こうなると一千万円を越えます。
そして最も上の一級になると、手足が動かなくなってしまったなどの要素が該当し、こちらは要介護の二級の保険金額とほぼ同じ、およそ三千万円が支給されます。
交通事故後遺症は、医者から治療しても改善の見込み無しと判断されたときに認定されます。
保険金を貰うには、大抵の場合保険会社に任せておけば上手く事が運ぶのですが、被害に見合った等級に認定してもらうには、被害者側が書類を揃えて保険会社に請求したほうがいいでしょう。
ただ、事故の怪我がある場合、自分で調査をするのは大変ですから、交通事故の弁護士に相談しておくと安心です。
交通事故の弁護士は、請求に必要な書類の準備も抜かりなく行ってくれますし、また後遺障害等級が低いとなった場合は、それを踏まえて保険会社とも交渉してくれます。
できれば事故のことは考えたくないですが、いざと言う時に心強い弁護士の存在を心に留めておけば、事故で受けた損害も最小限に抑えられるでしょう。

一覧はこちら

交通事故の弁護士ランキング

TOP