法律相談ポータルサイトを徹底比較

ポータルサイトランキングTOP5

交通事故弁護士相談リンク

  • 交通事故被害者の悩みを弁護士が安心解決!
  • それぞれの目的に応じて優良弁護士を検索可能
  • 過去の弁護士の解決事例からどのような流れで進行するかわかる

99%の被害者が慰謝料を増額に成功

交通事故弁護士相談リンクが厳選した交通事故に強い弁護士に相談することで、99%の被害者、依頼者が慰謝料を増額出来ています。交通事故の状況によって増額する金額は様々ですが充分な額を見込めるでしょう。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

交通事故弁護士相談リンクに対するみんなの口コミ

  • 病院で相手方の方から示談を提示されましたが、もしもの時に備えて調べておいたこちらのサイトを思い出し相談しました。自分一人では恐らく相手の要求にただ頷くだけだったかもしれません。弁護士に間に入ってもらうことで何とか上手く話が付...

  • 自分は起きないからと油断していましたが、実際に交通事故に遭うとままならないものです。困り果てていたところで知り合いに弁護士さんを探せるサイトがあると教えられ、藁にもすがる思いで検索してみました。今回は事故の内容から探し、相談...

  • 慰謝料増額可能という言葉がありますが本当だろうか?と疑っていました。しかし相談する前と比較すると、驚くくらい増額されていました。逆にいえば保険屋さんがあらかじめ金額を落としてきたということでもあり、知らないと損をするというこ...

交通事故の弁護士カタログ

  • 気軽に弁護士へ相談できる「スマホで無料相談」
  • 交通事故に関する多数の記事を掲載しているホームページ
  • 5秒で完了!短いステップの弁護士検索機能

簡単入力でラクラク計算可能な慰謝料計算機

交通事故の弁護士カタログのホームページのトップには「慰謝料計算機」というものがあります。こちらに入力するだけで弁護士基準で慰謝料の相場が出力されます。目安として相場を知っておくといいでしょう。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

交通事故の弁護士カタログに対するみんなの口コミ

  • サイトを見ると色々なコラム記事があるのが特徴ですね。知る機会がそんなにない交通事故に関する情報が色々あって、それを見ていくだけでもちょっとした面白味があります。何より参考になりますので、もし今後自分が事故に遭った時に備えてチ...

  • 人身事故に限りますが、無料で弁護士に相談できるところを紹介してくれるのでありがたいです。相談できる相手がいるというだけでもありがたいですし、自分たちだけで抱えていいような案件じゃないので、一度相談してみようと思います。...

  • 弁護士と関わる機会はそうそうないので、いったい何を話せばいいのかわからないので困っていました。こちらには沢山の交通事故に関する情報が掲載されていて、非常に参考になりました。これを参考にして弁護士に相談してみたところ、解決まで...

交通事故弁護士相談広場

  • 実績が多く交通事故問題専門の弁護士を多数掲載しているポータルサイト
  • 相談したい内容の交通事故問題に強い弁護士を一発検索!
  • 電話相談完全無料で相談件数40,000件突破の実績で安心

相談無料で理想の弁護士が見つかる

交通事故弁護士相談広場では、交通事故問題に強い弁護士が集まっており、その中でも相談件数や閲覧数などを一目で見分けられます。相談内容や住んでいる地域で絞り込むことで、求めている弁護士が見つけられます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

交通事故弁護士相談広場に対するみんなの口コミ

  • 交通事故で相手方から示談の話をされましたが、自分ではどうしていいのか見当もつかず、こちらで相談できる弁護士の方を探しました。最初は何も分からない状態でしたが、担当の弁護士の方がうまく話をまとめてくださり、きれいに解決する事が...

  • 交通事故の慰謝料や示談金の話は、保険会社に相談するものだと思ってました。しかし今回、このサイトで弁護士に相談できることを知って、検索したところ、自分と同じような事故の問題を解決された弁護士さんを見つけることができました。相手...

  • 運転免許を持っていないので交通事故には縁がないと思い込んでいましたが、いつ何が起こるか分からないことを痛感しました。そんな何も準備できていない状態でも無料で相談に乗っていただき、慰謝料も思っていた以上にもらうことができたので...

交通事故弁護士ナビ

交通事故弁護士ナビ

最適な弁護士を見つけることが可能

交通事故の弁護士を立てるときに相談内容からその事案に強い弁護士を検索することが出来ます。事案に強い弁護士に相談することで、慰謝料や示談金も増額出来たりと、優位に進めることが出来るでしょう。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

弁護士ドットコム

弁護士ドットコム

顔写真付きで弁護士の顔が見えて安心

初回の相談料無料などの料金設定なども依頼のしやすさに重要なポイントですが、その弁護士がどんな人かが見えることも重要です。交通事故に詳しいことが分かるだけでなく、顔が見えることで相談しやすくなります。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

交通事故の弁護士の基礎知識

電話中の女性

事故にあった時に弁護士に相談するメリット

普段平和に過ごしている人が多いとは思いますが、交通事故はいつ誰の身に起こるかわかりません。
交通事故にあった際に、どのように対処すればよいかを知っておけば事故発生時に迅速に対応できます。
事故にあったら際は、専門知識が豊富な交通事故の弁護士に相談してください。
これは意外と知らない人も多く、知っていても弁護士費用が発生するため依頼しない人もいます。
しかし、交通事故の弁護士に相談すれば多くのメリットが発生します。
まず、加害者側との示談金を正当な金額、またはそれ以上得ることができます。
事故発生時に必要になる示談金などは、一般人だけの判断では正当な金額を設定するのは難しいです。
第三者側の目線で判断できる交通事故の弁護士を間に挟む事で、金額の誤差が生じるのを防ぐことができます。
さらに、事故後は被害者だけでなく保険会社とのやり取りも必要です。
そのやり取りは複数回行う必要があったりと面倒です。
弁護士に依頼すれば、保険会社間とのやり取りもすべて任せることができます。
事故後の忙しい時に、保険会社とのやり取りを省けるだけでも無駄な時間とストレスの発生を防げます。
交通事故の処理は、弁護士という第三者を挟む事で一気に楽に解決できるのです。

こちらを見ている男性

事故でやってはいけないNG行為

一生に一度経験するかしないかという低確率で発生するのが交通事故です。
いざ交通事故に遭ったらパニックになり、次にどう行動すれば良いかわからなくなり、また交通事故に遭った時にやってはいけないNGな行為をしてしまうこともあります。
そのNGな行為とは、まず「警察に連絡しない」という事です。
警察を呼ぶまでもないと、加害者と被害者だけで判断するということはせずに、事故を起こしたらすぐに110番しましょう。
事故を起こして警察に連絡しないと、道路交通法違反になってしまうことや、保険金を受け取るために必要な書類を作成してもらうことが出来なくなります。
なので、事故後は速やかに警察に連絡をしましょう。
次は、事故後に被害者と加害者だけで示談を成立させてしまう事です。
お互いに、事故後の処理に対して知識がなければ、誤った賠償金の設定や事故処理をしてしまいます。
正当な金額の賠償金を受け取れる可能性も低くなり、一度示談を成立させてしまうと、その後の要求などは通らなくなってしまいます。
事故後の、お金の流れを保険会社だけにすべて任せるのもNGです。
賠償金などはすべて加害者側の保険会社にて解決されるので、被害者にとって不利な価格設定がされる可能性があります。
このような事から、交通事故は弁護士に相談をして、解決することが最適な策です。
交通事故に強い弁護士であれば、事故に対しての知識も豊富で、被害者の立場に立って物事を判断してくれ尽力してくれるでしょう。

手を挙げている女性

交通事故で弁護士に相談するのは一般的ではない?

いざ交通事故に遭ってしまったという際にすぐに「弁護士に相談しよう!」と思い立つことは稀でしょう。
何故?どうして?何が起きたの?など、混乱や戸惑い、怪我の痛みなどそちらに思考が回ります。
病院に搬送されたら治療に当たることになりますし、小さな怪我であればまあ良いかと流してしまう可能性もなくはありません。
そういう意味では、交通事故で弁護士に相談する方は少ないかもしれません。
しかし、どういう状況であれ、こういう事故が起きてしまったならば弁護士に相談することをおすすめします。
大小の違いはあれど、交通事故は事件です。
もし怪我をしてしまったら、その傷の程度の違いは関係ありません。
被害者と加害者という立場が成立したのであれば、弁護士に相談することで得する部分が出てくるでしょう。
よくあるのが、加害者側に立った保険屋さんが示談金を提示してくるというケースです。
その金額は数十万円というものになるでしょうが、はたしてそれは事故に見合った金額なのでしょうか?
そうした示談金の知識を知らず、流してしまったことで損をすることがあります。
それを防ぐという意味でも、交通事故に遭ってしまった時は弁護士に相談してみましょう。

指で丸を作っている女性

小さな事故でも弁護士に相談してみよう

交通事故というと、ニュースでは高速道路での玉突き事故など、規模の大きなものがピックアップされるので、「自分とは関係なさそう」と思われる方もいるのではないでしょうか。
しかし、交通事故の当事者になることは誰にでも起こり得ることなのです。
例えば、自分が自転車に乗っていて、曲がり角で自動車と接触してしまったとします。
車のスピードもそれほど出ておらず、自分に目立った傷がなかったとしたら、その場で謝って済ませてしまう人もいるのではないでしょうか。
しかしこれをやると、あとあと大問題に発展してしまう可能性があります。
無傷あるいは軽傷に見えても重大な後遺症が出ることもありますし、そうなると治療費や賠償金の請求をしなければならないことになります。
そのため、些細な事故でも警察に届けることはもちろんですが、大丈夫と思っていても将来的に何が起こるかわかりませんから、程度に関係なく交通事故で弁護士に相談しておくのは賢い選択です。
相手が弁護士を用意していると、こちらに落ち度がなくても、過失の割合が増えてしまう危険性もあります。
いつ誰が巻き込まれてもおかしくない交通事故は弁護士を呼んでおくことで、転ばぬ先の杖となり、思わぬ不幸に見舞われる確率も低くなるでしょう。

交通事故の弁護士のコラム

交通事故の弁護士ランキング

TOP